Lifehacker and Sweets

一度うつ病にかかって、以後それと長い間付き合っていくことは、不惑の年に大病を患って、以後食事など健康に気遣って生きていくことと同じ。心も体と同じようにメンテナンスが必要、という考え方は、一度病を患ってみないと分からない。

魔の二歳児のお世話は大変とか言うけどさ、やったらあかんことを悪いと理解していない大人や、悪いと分かっていてもそっちの方向に流される大人の相手をするよりは、よっぽど楽だよ。子どもはまだ善悪を素直に受け止めるだけまし。

無理やり時間を作ってでもやった方がいい仕事はないか、というのを常に頭の頭の片隅に置いて、思い付いたらストックして、実際に無理やり時間を作って実行する、ということを続けられたら、全体を見据えた動きが取れるようになってくるはず。

“更に、フルメンバー・サブメンバー制度というものを作った。その会議に絶対に必要な人はフルメンバー。ある議題にだけ必要な人はサブメンバー。そうした階級を明示化することで、無駄に会議に参加している人がいなくなった。同時に僕の出席する会議も減った。”

—   「働き方革命ーあなたが今日から日本を変える方法」駒崎弘樹

“「納品のない受託開発」に向いているニーズとは、「ソフトウェアの完成」を目指すのではなく、継続的に「ビジネスの成長」を求めるケースです。ソフトウェアを活用して「ビジネスを成長させたい」と考えた時、そのソフトウェアが価値を生み出さなければ意味がないため、ただ単にソフトウェアの完成だけを求めたりはしないはずです。「ビジネスの成長」を望むのであれば、どこかで完成しておしまいということではなく、ずっと成長を続けたいと願うはずです。そこで大事なことは「ビジネスの成長」に合わせて、ソフトウェアも柔軟に成長させていくことです。”

—   「「納品」をなくせばうまくいく」倉貫義人

“「納品のない受託開発」では、一括請負のように一度に多くのお金をいただくのではなく、「長く取引を続けてもらう」ことを大事にしています。私たち開発会社側のビジネスでも、顧客との関係が長く続くことの方が、営業コストもかからない分、メリットが大きいのです。”

—   「「納品」をなくせばうまくいく」倉貫義人

“新規事業が本来的に抱える課題とニーズに対して、一括請負の受託開発のビジネスモデルでは非効率になり、開発会社にとってはあまり”美味しい”案件とは言えません。新規事業ですから、要件が変化するリスクも避けられないですし、何よりビジネスとして成立しなければ、納品しても検収してもらえず、費用を回収できないリスクも伴います。”

—   「「納品」をなくせばうまくいく」倉貫義人

“顧客にとっては、ソフトウェアは完成させるだけでは意味がありません。それ以後にどれだけソフトウェアを「使う」ことができるのか、に意味があります。”

—   「「納品」をなくせばうまくいく」倉貫義人

“それでも要件定義をしっかりやろうというのは、どちらかといえば、開発会社の都合によるところが大きいのでしょう。「ソフトウェアを作ってお金をいただく」というビジネスモデルを採用している限り、「事前に何を作るかをしっかり決めておく」と考えるのは自然なことです。ただし、それが顧客にとっての価値に直結しないことが一番の問題なのです。”

—   「「納品」をなくせばうまくいく」倉貫義人

内田によれば、商品開発には「ピッカリ型」と「ジャスピン型」の二つのタイプがあるという。

「ピッカリ型」とは、技術的にはさほど難しくないが、エンドユーザーのニーズに誰一人として気づいておらず、開発者の誰かがそれを発見したとき思いがけない技術や商品が生まれる。そうした閃きからスタートする商品開発を指す。

「ジャスピン型」とは、逆にニーズがあることはみなわかっているが、技術的に難しく、長い年月をかけて試行錯誤した末、実用化に成功する商品開発を指す。

内田が手がけた”ピッカリコニカ”は、まさに「ピッカリ型」の産物であり、百瀬の執念の産物であった”ジャスピンコニカ”は「ジャスピン型」であったわけだ。

—   「プロジェクトX 挑戦者たち - 誕生!人の目を持つ夢のカメラ オートフォーカス・14年目の逆転」NHKプロジェクトX取材班